本文へスキップ

ムダ毛処理の悩み

ムダ毛の濃さ

女性は、自分では見えにくいところを周囲で注目されることが多いですね。おしゃれな女性たちは、いろいろなケアに余念がありません。ヘアケアや脱毛だけではなく、いろんな部位のケアまでしているそうです。
最近「ムダ毛の濃さ」で悩んでいる女性が増えています。なぜ、こんなことがおきるのでしょうか?

ムダ毛は性ホルモンが関係している

排卵が何らかの原因で阻害されて、卵巣内に卵巣を含んだ細胞がたまり、月経異常や不妊を引き起こす病気(多嚢胞性卵巣症候群)が引き金になったり、頭皮が男性ホルモンの感受性が高かったりすると多毛化するといわれています。

これらはストレスが原因で引き起こすことが多く、女性の社会進出と同時に増加したのかもしれません。男性化する症状なので、女性っぽいことをすれば軽減する方もいます。たとえば恋愛をしたり、女性らしい服装をしたりすることで軽減されることもあります。

基本的には、医師の指示のもとで投薬等の治療は続けますが、即効性としては疑問です。また、ストレスが解消されたとしても、効果が実感できるのはわかりにくいと思います。

ムダ毛を処理するには?

カミソリや毛抜き

ムダ毛処理の方法としては、やはり剃るか抜く方法が一般的だと思います。

カミソリで剃ると余計黒くなるような気がしますが、剃った断面積が広くなるので黒いように見えるだけです。よくカミソリが肌を刺激し、発毛促進すると言われますが、医学的には根拠はありません。

毛を薄くするには?

ムダ毛の濃さを抑えて薄くするるには、大豆等に多く含まれる「イソフラボン」がいいと言われています。脱毛・抑毛、あるいは毛が薄くなる効果があるようです。

抑毛ローション使用するのが一般的ですが、脱毛クリームにもこの「イソフラボン」が含有されている商品もあるようです。

ムダ毛の濃さを気にすればするほどストレスもたまるので、あまり気にしないことです。くよくよしないで気楽に考えましょう。